無理な食事制限はダイエットの挫折とリバウンドになりやすい

人間の体は、ダイエットをスタートさせた直後は順調に体重を落としていくことが可能ですが、その後、体重の減りは鈍化します。今までどおりのダイエットを頑張っているのに、一向に体重が減らない状態が続くと、精神的にもストレスが蓄積します。精神的にも、頑張ってダイエットを継続しているのに結果に反映されないという状態はつらいものです。開始直後から少しずつ減っていた体重が、停滞期に入ってぴたりと減らなくなると、ダイエットを中止したくなる人もいます。今まで食事制限で我慢した分、反動で食欲が一気に出てしまい、限りなく食べてしまうとあっという間にリバウンドしてしまいます。リバウンドが原因で、ダイエット開始時点よりも体重が多くなることもあります。一度は減らした体重が増えたからといって、また減らそうとするのも大変です。やってはいけないと思いながらも、食事の誘惑に勝てなくなってしまう人もいます。今日は食べるけれど、明日からダイエットを開始するからと自分に言い訳をしながら、毎日食べ続けてしまうこともあります。ダイエットをするなら、一日の猶予もないというくらいの姿勢で臨まなければ、何かのきっかけで再びリバウンドしてしまいかねません。極端な食事制限は避けて、体が必要としている栄養は摂取することで、ダイエット後のリバウンドは回避できます。空腹が強すぎる食事制限は挫折とリバウンドの元になるので、空腹時間を減らすためにも、夕食は軽めに摂り、早寝早起きを心がけるようにしましょう。一日三回の食事をしっかり摂ることや、早めに寝て、早めに起きる生活サイクルを確立することが、ダイエットでは重要な役割を担っています。背中ニキビに効く保湿クリームおすすめ

コメントは受け付けていません。