食生活の乱れは肥満の原因のひとつ

体重が増えやすい人や、そうでない人の違いがある中で、食事の違いでも体重は変わります。体重を身長の二乗で割るとBMIという数字が算出され、これが体型を見極める指針になります。BMIの値が22であれば標準体型とされ、25以上を肥満と言います。肥満の原因としてまず考えられるのは食生活であり、摂取したカロリーの方が消費されるカロリーよりも多い場合、太る原因になります。食事をたくさん食べたいという食欲の程度は、個人差があります。レプチンというホルモンが活発に働くと食欲をコントロールしやすいですが、レプチンの分泌が滞ると食欲は強いままです。肥満の要因が、遺伝的なものに起因している方もいます。遺伝子の中には、人間がもともと持っている、食事などのカロリーを燃やして消費する仕組みが強くないという人がいます。もし遺伝子に問題があって肥満体型になってしまうという場合は、食事内容を変えたくらいでは肥満を改善することが困難です。肥満の原因は食生活と遺伝にあると考えられています。遺伝の場合は、親を見ると両親のどちらかが太っていたりしたり、両親とも太っていたりすることがあり、一目瞭然です。幼少期の食事体験や、食事の摂り方が原因になって、現在の肥満体型を形成していることがあります。肥満になりやすい人の中には、幼いころから1日3回の規則正しい健康的な食事ができていなかったというケースがあります。

痩せるためには食べ方の工夫が必要

普段から、食事をとる時にちょっとした注意をすることが痩せるコツです。まず痩せたいのであれば、自分の食事のことを見直すことは必要不可欠です。痩せるにはそのための食べ方というのがあるので、すぐにでも改善しましょう。ご飯を食べる時は、まず最初にサラダを食べ、それからおかずに移ります。食事を摂るときにはまず主食からという人は、炭水化物の作用が血糖値が上がりやすく、太りやすくなります。おかずが並んでいる時に、何をどの順番で食べると体重が増えやすくなるかを考えることです。食事を摂るときに、何から口に運ぶかによっても、ダイエットの効果を左右しますので、それを踏まえて行動しましょう。朝は食事を抜いて夜にたっぷり食べるような食べ方をしていると太ってしまいます。逆に朝はしっかりと食べるようにして、夜の食事を軽めにするだけでも、一日の食べる量は変わらないのに痩せることができます。カロリーの高い食材や調理法にしていると、量が少なくても太りやすい食事になります。カロリー量が多くならないようにしつつ、腹持ちのいい食事になるように工夫をすることが、ダイエットでは大事です。ぎりぎりまで食べる量を減らしたりしなくても、カロリーをカットした食事を心がけることで、体重ほ減らすことが可能です。脇汗対策おすすめクリーム

 

コメントは受け付けていません。